幸福な人生の4要素



家庭

これがないとやはり寂しいものになる。一生独身を謳歌するのも限界がある。20-50代は適宜新規のパートナーを獲得出来得ても60-80代となればどうだろうか。新規に刺激はあれど安心はない。共に時間を過ごした深い信頼のあるパートナーこそかけがえのない存在。安心は必要。子供もそう。しかし子供にもリスクはある。我が子が障碍を持って生まれてしまった場合や、健康であれ何かの事件の被害者、加害者になる可能性もある。

> 結婚or独身謳歌

> 子供を持つということ

仕事

これは日々生業とすること。情熱をもって追求すること。夢中になれるもの。没頭できるもの。これでお金を稼げたらそれは幸福である。金はいくら必要か。

湘南に住む、沖縄に別荘を持つ、ロードスターに乗る、名曲を生み出す、など、お金を稼ぐこととは別の、自分の夢。これがないと人生は光らない。したいことを空想し、想像し、それを掲げること、心からのwantに耳を澄ますことが大切である。

余暇

お金があっても暇がないならそれは意味がない。旅行や娯楽に使う時間はあればあるだけ良い。有閑階級という言葉があるように、人生は暇な時間があればあるだけ良い。そこから何かは生まれる。暇は成功の源。